フォト

ブログパーツ

  • 出資馬一覧
無料ブログはココログ

キャロットクラブ

2017年4月 4日 (火)

キャロット2歳出資馬の近況

キャロットの2歳出資馬の近況が更新されました。

今のところ2頭とも頓挫もなく順調ですねhappy01しかも報知POGブログではベストヴォヤージュがGW前に入厩する予定と載ってましたねflair

突然の早期デビュー情報で俄然楽しみになってきましたsign03

☆==☆==☆==☆==☆==☆==☆==☆==☆==☆

horse ベストヴォヤージュ(父:クロフネ×母:シーズンズベスト:2歳牝)

3/31  NF早来

現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週4回は屋内周回コースでハロン22秒のキャンター2400m、週2回は屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター1本の調整を行っています。脚元や体調面に不安はなく、カイバもきちんと食べてくれるため、この中間から坂路でハロン15秒台のメニューを中心にしっかり乗り込むようにしています。速めのキャンターを開始したことがいい刺激になっているようで以前より反応がよくなってきた印象を受けます。今の流れを維持していきながら、着実にステップアップさせていきたいと考えています。

☆==☆==☆==☆==☆==☆==☆==☆==☆==☆

horse ヘヴンリーブライド(父:ロードカナロア×母:ビアンカシェボン:2歳牝)

3/31  NF早来

現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週4回は屋内周回コースでハロン22秒のキャンター2400m、週2回は屋内坂路コースでハロン16秒のキャンター1本の調整を行っています。徐々に体の使い方が上手くなってきたことで以前よりもスムーズにスピードに乗れるようになるなど、キャンターの質は着実に向上しています。ハロンペースを上げた後も順調そのものですし、この様子なら春に向けて思うようなトレーニングを展開していくことができそうです。

※写真、文章はキャロットクラブより転載許可を得ています。

2017年3月 4日 (土)

キャロット2歳出資馬の近況

キャロットの2歳出資馬の近況が更新されました。

今のところ2頭とも頓挫もなく順調ですねhappy01特にヘヴンリーブライドは以前桜の舞台を意識なんて書かれてクラブの期待も高いみたいでデビューが待ち遠しいsign03

このまま順調にお願いしますm(__)m

☆==☆==☆==☆==☆==☆==☆==☆==☆==☆

horse ベストヴォヤージュ(父:クロフネ×母:シーズンズベスト:2歳牝)

2/28  NF早来

現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週4回は屋内周回コースでハロン22秒のキャンター2400m、週2回は屋内坂路コースでハロン16~17秒のキャンター1本の調整を行っています。ここまで休むことなく調教に取り組んできましたが、音を上げるどころか馬体面、走りの質ともに日々成長が見られるのは何とも頼もしい限りです。グッと重心が下がる、安定感のあるキャンターをするようになってきましたが、まだ奥行きのある雰囲気を感じさせますので、今後もしっかり負荷をかけることで良化させていきます。

☆==☆==☆==☆==☆==☆==☆==☆==☆==☆

horse ヘヴンリーブライド(父:ロードカナロア×母:ビアンカシェボン:2歳牝)

2/28  NF早来

現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週4回は屋内周回コースでハロン22秒のキャンター2400m、週2回は屋内坂路コースでハロン16~17秒のキャンター1本の調整を行っています。少しテンションの高さが見られますので、日によって馬とのコンタクトを取りながらじっくりと調整する時間を設けるなど、工夫しながら接しています。調教で跨っている感触から坂路や周回コースにおけるキャンターの動き、心肺機能には着実に良化の跡が見て取れるので、今後もこの調子で進めていく方針です。

※写真、文章はキャロットクラブより転載許可を得ています。

2017年2月27日 (月)

今年初勝利、しかも初の2日連続勝利!

半年振りのブログ更新です。

愛馬が勝利から遠ざかっていたからではなく忙しかったからですが(^_^;

昨日の中京1Rにクルークハイトが出走しました。

大外からのスタートで出足がつかずおっつけながらの追走でしたが、ペースがあがらなかったこともありじわじわ先団に近づき2コーナ過ぎで先頭に、直前では2着馬に一旦交わされながらも差し返す勝負根性を見せて鼻差でゴール!見事初勝利を上げましたshine

デビュー戦での鼻差負けの雪辱を鼻差勝ちで晴らした格好です。タイムもまずまずですので昇級してからもそこそこやってくれるのではないでしょうかflair

そして今日の中山5Rにはレッドミラベルが出走しました。

こちらも大外からのスタートで道中は中段の外をかかり気味に追走、4コーナーも外を回らされる距離ロスがありながら直線に入ってからは1頭だけ脚色が違い、抜け出した後は後続を突き放し気付けば3馬身半差の圧勝!!

一口を初めて2世代目で5頭目の勝ち上がりですが、今までで最大着差にして最高の勝ちっぷりでしたhappy01タイムも当日の古馬1000万を凌ぐタイムで順調にいけばかなりいいところまで行けるのではないでしょうか!次走が本当に楽しみです。

目指せオークスsign03

☆==☆==☆==☆==☆==☆==☆==☆==☆==☆

horse レッドミラベル(ステイゴールド×ダンスーズデトワール:2歳牝)

17.02.26

2月26日レース後コメント(1着)
M.デムーロ騎手「体重を聞いて驚きました。でも跨がってみたら細い感じではなかったですし、テンションも大丈夫でしたよ。この枠でしたし、今回はスッと出なかったのでじっくり競馬をするつもりでした。途中は少し力みそうになりましたが、すぐにおさまってくれたように賢い馬ですね。手応えも良かったですし、馬も行く気になっていたので距離ロスは承知で仕掛けましたが、本当にいい脚を使ってくれました。今日の感じだと体重はこのくらいでいいのかもしれないですけど、もう少し筋肉が付いてくれば更にいいと思います。この内容なら上でも楽しみですね。ありがとうございました」

☆==☆==☆==☆==☆==☆==☆==☆==☆==☆

horse クルークハイト(クロフネ×ヴァイスハイト:2歳牝)

2/25  藤岡厩舎

  • 25日の小倉競馬では五分のスタートから押して好位を追走。向こう正面からジワッと動いて先頭に立つと、後続に脚を使わせつつ直線に向かい、最後は2着馬との叩き合いを制して優勝。「距離延長は問題ないと思っていたのですが、この距離でもやや追っつけつつの追走になったので、道中はなるべくゆったり走らせるように心がけていました。このクラスでは力上位と信じていましたし、相手は2着馬だろうと考えていたので、早めに動いて行きましたが、最後は交わされそうになったところからしぶとく差し返してくれましたね。ここは何としても勝たなくてはいけないレースと思っていましたから、結果を出せてホッとしました。今日はありがとうございました」(藤岡康騎手)デビュー以来、あと一歩の惜しい競馬が続いていましたが、ここできっちりを勝ち切ってくれました。中1週で長距離輸送と決して楽な条件ではありませんでしたが、プラス体重で出走と心身ともに成長がうかがえましたし、距離を延ばしても対応できたことも収穫だったのではないでしょうか。この後はトレセンに戻って馬体を確認してから検討します。
  • ※写真、文章はキャロットクラブより転載許可を得ています。

  • 2016年8月16日 (火)

    キャロット放牧組の近況

    キャロット放牧組の近況が更新されました。

    2頭ともしがらきで調整を続けています。ただ8月も中旬を過ぎて帰厩を匂わすコメントが出てきましたね。

    ここまま順調にお願いします。

    ☆==☆==☆==☆==☆==☆==☆==☆==☆==☆

    horse クルークハイト(クロフネ×ヴァイスハイト:2歳牝)

    8/16  NFしがらき

    周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「先週に引き続き、週に1回は15-15程度の調教も取り入れて、少しずつペースを上げているところです。一気に負荷を強めるのも良くないので、トレッドミルも併用するようにしていますが、今のところは暑さが堪えているようなところもなく順調ですね。引き続き厩舎サイドと話をしながら進めていきます」(NFしがらき担当者)

    ☆==☆==☆==☆==☆==☆==☆==☆==☆==☆

    horse ハイレートクライム(ディープブリランテ×スルーレート:2歳牡)

    8/16  NFしがらき

    周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間からは、15-15に近いところも取り入れ始めました。体調には気をつけていますが、カイバ食いも良好で特に気になるところはありません。このままコンスタントに15-15を乗れるようになれば移動の話もしていけますし、状態を見ながら進めていきたいと思います」(NFしがらき担当者)

    ※写真、文章はキャロットクラブより転載許可を得ています。

    2016年8月15日 (月)

    キャロット2歳馬(牧場組)の近況

    キャロット2歳馬の近況が更新されました。

    ムスターヴェルクは軽度の骨折によりペースダウンを余儀なくされています。不幸中の幸いで本当に軽度だったようなのでなんとか年内入厩2月デビューぐらいを目標にして欲しいです。

    グランデセーヌはようやくペースが元に戻ってきています。早く15-15まで戻って欲しいですね。

    ☆==☆==☆==☆==☆==☆==☆==☆==☆==☆

    horse ムスターヴェルク(ハーツクライ×イグジビットワン:2歳牝)

    8/15  NF空港 馬体重:481kg

    現在は舎飼で休養しています。術後の経過は良好で、馬房内でゆっくり静養期間を過ごすことができています。移動まであと一歩というところだっただけに残念ではありますが、脚元をしっかり治して、送り出すことができればと考えています。しばらくはしっかり回復期間に充てることになりますが、状態を見た上で徐々にマシン運動へとつなげていければと思います。

    ☆==☆==☆==☆==☆==☆==☆==☆==☆==☆

    horse グランデセーヌ(ゼンノロブロイ×リッチダンサー:2歳牝)

    8/15  NF空港 馬体重:488kg

    現在は週2日900m屋内坂路コースをハロン16~17秒のキャンターで2本駆け上がっており、残りの日は軽めの調整メニューをこなしています。体の使い方にだいぶ上達が見られ、後肢の動きなどはとても大きくなってきました。背中に力が付いてドッシリしてきた印象を受けますし、このまま更なる良化を促進していければと考えています。

    ※写真、文章はキャロットクラブより転載許可を得ています。

    2016年8月 9日 (火)

    キャロット放牧組の近況

    キャロット放牧組の近況が更新されました。

    2頭ともしがらきで調整を続けています。そこまで緩めていませんのでやはり9月には帰厩、出走という流れになると思いますshine

    西日本は猛暑が凄いようですね~sun2頭とも夏負けしないようにお願いしますsign03

    ☆==☆==☆==☆==☆==☆==☆==☆==☆==☆

    horse クルークハイト(クロフネ×ヴァイスハイト:2歳牝)

    8/9  NFしがらき

    周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間も順調に乗り込んでいます。坂路では15-15に近いところも取り入れていますが、基本的に坂路入りは週に1、2回としてあまり厳しい負担をかけないように心がけています。今後は秋開催に向けて移動時期の話もしながら進めていくことになります」(NFしがらき担当者)

    ☆==☆==☆==☆==☆==☆==☆==☆==☆==☆

    horse ハイレートクライム(ディープブリランテ×スルーレート:2歳牡)

    8/9  NFしがらき

    周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「こちらに到着後は馬体に異常がないことを確認してから乗り出しています。酷暑の時期を避けての放牧ですし、特に疲れもなさそうですから、こちらでしっかり乗り込んでデビューへの下地を造っていきます」(NFしがらき担当者)

    ※写真、文章はキャロットクラブより転載許可を得ています。

    2016年7月30日 (土)

    キャロット2歳馬(牧場組)の近況

    キャロット2歳馬の近況が更新されました。

    まさかグランデセーヌに続いてムスターヴェルクまで疲れが出てペースダウンしてしまうとはorz。。まあ大きな怪我ではないのですぐに立て直してもらえると思います。

    ただしデビューが1ヶ月~2ヶ月ぐらいは遅くなってしまいそうです。早くて11月の府中か暮れの中山あたりかな~。ここからはホントに順調にお願いします。

    ☆==☆==☆==☆==☆==☆==☆==☆==☆==☆

    horse ムスターヴェルク(ハーツクライ×イグジビットワン:2歳牝)

    7/29  NF空港

    この中間、右前脚に疲れが出たため、ペースを落として対応しています。現在はウォーキングマシンで日々の調整を行っています。以前より力が付き、坂路コースでの走りも徐々に安定してきていたところだけに今回の頓挫は残念でなりません。まずは疲れをしっかり取り、乗り込み再開へ向けて対応していければと思います。今後も成長を促しながら更なる良化を目指していきます。

    ☆==☆==☆==☆==☆==☆==☆==☆==☆==☆

    horse グランデセーヌ(ゼンノロブロイ×リッチダンサー:2歳牝)

    7/29  NF空港

    この中間も順調に調整を積んでいます。現在は週2日900m屋内坂路コースをハロン17秒のキャンターで2本駆け上がっており、残りの日は軽めの調整メニューをこなしています。同様のペースで継続的に負荷をかけながら下地の構築に努めていますが、しっかり対応してくれています。今後も左トモの状態を見ながらどのタイミングで負荷を高めるのがベストか模索していければと思います。

    ※写真、文章はキャロットクラブより転載許可を得ています。

    2016年7月16日 (土)

    2歳馬放牧組の近況(キャロット)

    キャロットの2歳馬近況が更新されました。

    牧場組2頭ともまずまず順調です。ムスターヴェルクはハロン14秒まで進んでいて、いつ入厩してもおかしくない状況です。サプライズ移動情報が早く聞きたいですsign03

    グランデセーヌも通常のペースに無事戻りましたね。このまま順調にいってもらって9月入厩11月デビューで願いしますm(_ _)m

    ☆==☆==☆==☆==☆==☆==☆==☆==☆==☆

    horse ムスターヴェルク(ハーツクライ×イグジビットワン:2歳牝)

    7/15  NF空港 馬体重:473kg

    現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター2周半の調整を中心に、週2回900m屋内坂路コースをハロン14秒のキャンターで2本登坂しています。走りには少し不器用なところはありますが脚捌き自体は軽く、スピードがありそうな印象を受けます。全体的に筋肉量が増えて厚みが増していますが、それでいて無駄肉は削げてきていることで、幼く映った馬体は徐々に大人びてきました。

    ☆==☆==☆==☆==☆==☆==☆==☆==☆==☆

    horse グランデセーヌ(ゼンノロブロイ×リッチダンサー:2歳牝)

    7/15  NF空港 馬体重:484kg

    この中間から坂路コースでの調整を開始しました。現在は週2日900m屋内坂路コースをハロン17秒のキャンターで2本駆け上がっており、残りの日は軽めの調整メニューをこなしています。休養期間を挟んだことで多少の緩さこそありますが、動き自体は以前と変わりないもので、柔らかさのある良い走りを披露しています。毛ヅヤが悪くなることはなく、カイバも食べていますので、状態を見ながらペースアップを図っていきたいところです。

    ※写真、文章はキャロットクラブより転載許可を得ています。

    2016年7月 6日 (水)

    キャロット入厩組の近況

    キャロット入厩組2頭の近況が更新されました。

    マカレアは来週の出走に向けて調子を上げてきたようです。鞍上についても香港のティータン騎手に決まりました。前走のバルジュー騎手に続いて短期免許の外国人ジョッキーですね~。勝負度が高いということでいいのかなsign02

    クルークハイトはDPで好時計を出して仕上がったようですね。想定頭数も思ったより多くなく出走できそうで一安心です。好勝負を期待しますsign03

    ☆==☆==☆==☆==☆==☆==☆==☆==☆==☆

    horse マカレア(ダイワメジャー×ワイオラ:3歳牝)

    7/6  函館競馬場

    6日は函館Wコースで追い切りました。「今朝は函館Wコースで併せて追い切りました。5ハロンから併せて69秒4、ラスト1ハロンは13秒0と報告を受けています。時計だけ見るとあまり速くありませんが、今朝の函館はかなり雨が降っていたため無理をさせなかったとのこと。乗っている助手によると、先週よりもずっと感触は良かったそうです。これなら予定どおり来週の競馬にきっちり仕上がるでしょう。今回は、香港から来日するティータン騎手に依頼をしています」(高野師)17日の函館競馬(3歳未勝利・牝馬限定・芝1200m)にティータン騎手で出走を予定しています。

    ☆==☆==☆==☆==☆==☆==☆==☆==☆==☆

    horse クルークハイト(クロフネ×ヴァイスハイト:2歳牝)

    7/6  藤岡厩舎

    6日は栗東Pコースで追い切りました。「今週のデビューを目標に、今朝はジョッキーを乗せてポリトラックコースで追い切りました。相手を2馬身ほど追いかけて、直線は内に入って最後はきっちり1馬身ほど先着。ラスト1ハロンは11秒7と上々の伸びでした。まだ緩さは残しますが、初戦を迎えるにあたってはきっちり仕上がったかなと思います」(藤岡師)「追い切りに乗せていただきました。内にグーッとモタれるのでハミをかけ直すと、今度は外に行きそうになったりと、トモの甘さのせいかまだハミを頼るようなところはありますが、それでこれだけ動けるのですからなかなかの素質を感じます」(藤岡康騎手)9日の中京競馬(2歳新馬・ダ1400m)に藤岡康騎手で出走を予定しています。

    ※写真、文章はキャロットクラブより転載許可を得ています。

    2016年6月29日 (水)

    キャロット入厩組の近況

    キャロット入厩組2頭の近況が更新されました。

    マカレアは函館入厩後初時計を出しましたね。さすがに長距離移動後の1本目でしたのであんなものでしょう。復帰戦まであと2週あるのでしっかりし仕上げて欲しいです。

    クルークハイトは初めて強めに追われたようです。タイムはあまり早くないですが、今日の栗東坂路は全体に時計がかかっていたようなのでまずまずだと思います。来週のデビュー戦が楽しみです。

    ☆==☆==☆==☆==☆==☆==☆==☆==☆==☆

    horse マカレア(ダイワメジャー×ワイオラ:3歳牝)

    6/29  函館競馬場

    29日は函館Wコースで追い切りました。「予定どおり、先週末に函館競馬場へ入場しています。今朝は函館のウッドコースで併せて追い切りました。私は栗東にいて追い切りを見ていないのですが、今朝の函館は霧がひどく、調教時計が計測できない状況だったそうです。乗っていた助手に追い切り内容を確認したのですが、うちの厩舎の馬と併せて1馬身ほど先着したものの、動き自体は物足りないとのことでした。今週の追い切り次第では来週の競馬から考えていこうと思っていましたが、この感じだと再来週の牝馬限定戦を目標にした方が良さそうです。もちろん来週の追い切りでガラッと変わってくればまた考えますが、今のところカイバもしっかりと食べてくれているそうですし、滞在で輸送もありませんから、予定レースが延びることはマイナスにはならないと思います」(高野師)7月17日の函館競馬(3歳未勝利・牝馬限定・芝1200m)を目標にしています。

    ☆==☆==☆==☆==☆==☆==☆==☆==☆==☆

    horse クルークハイト(クロフネ×ヴァイスハイト:2歳牝)

    6/29  藤岡厩舎

    29日は栗東坂路で追い切りました(55秒1-40秒4-25秒9-12秒9)。「来週の競馬を目標に、今朝は併せて一杯に追い切りました。時計を出し始めた時は左右にモタれていたのですが、ここにきてペースが上がると特に右へのモタれが気になります。この時期の2歳馬ですし、まだ緩さがあることが一番の原因でしょうが、ハミを替えるなどの工夫もしてみようと思っています。ここまで調教を強めてきてもカイバ食いが落ちるようなことはなく、乗りながら馬体は増えているぐらいで、これは牝馬としては頼もしいですね。今は450キロあるので、ここからもそう減らさずレースに臨めるのではないでしょうか」(助田助手)7月9日の中京競馬(2歳新馬・ダ1400m)に藤岡康騎手で出走を予定しています。

    ※写真、文章はキャロットクラブより転載許可を得ています。

    より以前の記事一覧

    2017年4月
                1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30            

    最近のトラックバック